{og\_image}
JUGEMテーマ:幼児教育
英語の早期教育は当たり前になりつつある今日この頃ですが、まだまだそのメリットについて疑問視する方もいらっしゃることでしょう。
というのも、日本では、英語の早期教育を受けた子供達がまだ成長してみなさんを納得させる結果を出せていないからではないでしょうか。
 
私は、幼稚園、小学校のほとんどをアメリカで過ごしました。
もう数十年以上昔の話ですが、当時は今よりも帰国子女という人種が少ない時代でした。
私自身、幼児の時から英語教育を受けたわけですが、これまでの人生で、そのことで多くのメリットがあったと感じています。
現在、三人の子供達の母親ですが、子供を産み、母親になった時に、私が子供にしてあげられること、伝えたいことは何だろうと考えてみました。
自ずと私にしかできない事が何か見えてきました。

自分の体験から判断して、自分の子にも英語を幼児期から私自身の手で教えようと決心しました。
現在、高校3年生の長男が2才の時から彼への英語教育が始まりました。

ただ、みなさんにお伝えしておきたいのは、言葉としての英語をただ習得させたかったわけではないということです。
英語という言葉を使って、拡がる世界があることを知り、地球の子になって欲しいと願ったのです。

言葉はコミュニケーションの為にあるもの。
人と人がコミュニケーションを取る、つまり心を通わせることは楽しいもの。
英語でコミュニケーションを取ることができれば、未知の世界へと踏み出すための切符を手に入れたようなものです。
英語を習得した先に待っている楽しいワクワクする世界を子供達に感じて欲しい。
それが私の願いです。
心が素直で思考も柔軟な幼児期から異文化を知り、受け入れることはとても大切なことだと私は思っています。

いつしかその想いは、英語教室に来てくれる全ての子供達に向けられるようになりました。
それが、Earth Kids の始まりです。


 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other