{og\_image}
プライベートな話題で恐縮ですが、
現在高校3年生の長男が今日めでたく秋田市にある公立大学国際教養大学に合格しました。
2004年に出来たまだ新しい国際教養大学は、とてもユニークな大学で、
一学年175人の学生数。
全員に一年間の海外留学が義務化されている。(提携大学46カ国・171大学)
海外29カ国から171人の留学生を受け入れていて、
とても国際的な雰囲気のキャンパスだそうです。
約7割の授業が学生数が20人未満、学生:教員比率が14:1と学生と先生の距離が近い、
手厚い学校です。
テレビ、雑誌でも度々話題になっていて、企業からも注目され、
就職率の良さも売りになっているようです。
1年間の留学の他に、大学1年時には寮生活が義務付けられています。
秋田の自然に恵まれた環境に立つとても魅力的なこの大学を目指し、
息子は勉強してきたのですが、
一度も行ったことがない遠方の大学に入学を決める勇気はないと、
受験前の昨年秋に生まれて初めて一人で飛行機に乗って秋田まで
オープンキャンパスに参加しに行き、最終決定をくだしたようです。

息子が2才の時から英語に触れさせ始め、早期英語教育をほどこしましたが、
(詳しくは、Category:幼児英語教育「ERIKOの英語子育ての記録
ERIKOの子育ての記録」をご覧ください)
結果、英語の勉強が好きになり、興味を持ち続けてくれ、
大学で国際的な方面に進む事にしたというのは、私としてはとても嬉しいことです。

幼児期に、私が早期英語教育に取り組んだ以外は、私が観ている英語のテレビ番組を
観るというより、聞き流しているぐらいで、
幼稚園から高校まで普通の日本の学校に通っていたので、
特別な英語教育はしていないのですが、
幼い時に英語をたくさん聴かせたことが効を奏したのか、
ヒアリングはとても得意になりました。

まだまだ、これから勉強していくことがたくさんありますが、
earthkid と呼ぶには歳が行き過ぎですが、コスモポリタンになってもらいたいものです。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other