{og\_image}
その昔々、5才で渡米してから、10才で日本に戻るまでの私の英語の習得状況を

表にしてみました。早期英語教育を考えておられる方は参考にしてみてください。



 

~イ泙任了笋梁慮概を読んで頂いた方は、どのように英語の習得がされたか分かったと思います。

子育て経験のある方は気が付かれたと思いますが、赤ちゃんが日本語を習得するのと同じ手順なんですね。



 

出会った外国人の親子の方々と定期的に交流を持とうと思い、サークルを作ることを思い立った。
日本人の親子と地域に住んでいる外国人親子の混ざったサークルだった。
"International Kids & Mom's Club" はいくつかのグループに分かれ、当番制で運営する仕組みだった。

 

1996年に長男、ユウスケが誕生。
ユウスケが2才のある日、友達の紹介で、イギリス人のロレーンさんと知り合った。
ロレーンのご主人は日本人で、1才と3才の男の子のお子さんがいた。
ロレーンは日本語が話せないし、簡単な日本語しか理解出来なかったので、子供達は彼女とは英語で話し、その他の人とは日本語で話していた。
 

JUGEMテーマ:「幼児」と「英語教育」(「早期教育」「早期英語教育」などについて) 
日本で5年生になる頃に合わせて、私と弟は両親より先に日本に帰国することになった。
アメリカ生活の一年目に一緒に渡米していた祖母の家にしばらく身を寄せることになった。

 

引っ越した先は、Philadelphia の郊外の Rosemont という緑の多い美しい小さな町だった。
前同様、アパートメントに住む事になったが、偶然にも隣の部屋には、アメリカ人男性と日本人女性の夫婦と、私と同い歳の娘のMarieが住んでいた。
続きを読む >>


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other